インターコンチネンタル傘下ホテルが欧州参入、オランダで豪華ブティックホテルを計画 -キンプトンホテルズ

インターコンチネンタルホテルズグループ傘下の「キンプトンホテルズ&レストランツ」は、オランダ・アムステルダムに新規ホテルを開業する。キンプトンホテルが南北アメリカ以外で開業するのは初めてのこと。 ※写真はキンプトンがテキサス州で運営する「ホテルヴァンザント」。

キンプトンホテルズ&レストランツは、2015年1月にIHGが買収したホテルグループ。現在は南北アメリカで59軒のホテルを運営、さらに16軒のホテルを開発中だ。たとえば、すべての客室にヨガマットを用意したり、貸し出し自転車も用意するなど、遊び心と楽しさも兼ね備えたホテルとして特徴がある。

アムステルダムでは、現在営業中の「クラウンプラザ アムステルダム シティセンター」を改装し、客室270室をもつ豪華ブティックホテルとして全面リニューアルを行う予定。キンプトンならではの大胆なデザインを施した客室やバー・レストラン、最新設備を備えた会議スペース、フィットネスジムなどを備えたものとなる見通し。

IHGでは、パーソナルなサービスや高いデザイン性、ユニークな体験を提供できる「ブティックホテル」の需要や成長可能性に注目。その発祥の地であるヨーロッパにて、サービス拡大を目指す考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。