北海道・阿寒バス、バーチャル「どこでもバスツアー」開始、釧路湿原の展望やタンチョウ見学など

北海道の阿寒バスは、ひがし北海道をバーチャルで旅行する「どこでもバスツアー」を始める。2020年11月24日に配信される第一弾は「釧路湿原」。12月には「摩周湖・硫黄山編」と「阿寒湖編」を配信する予定だ。参加者には、ツアーの実施前に、ひがし北海道の特産品を届ける。

「釧路湿原」版では、釧路市丹頂鶴自然公園で園内展示と特別天然記念物のタンチョウを見学。釧路湿原細岡展望台からの湿原の中を蛇行して流れる釧路川の様子なども配信する。また、釧路和商市場からはライブ配信を予定。コロナ感染が心配で外出や旅行を控えている人や徒歩観光が困難な人など旅行を諦めていた人にも旅行気分を楽しんでもらいたいとしている。

予約システムはNECソリューションイノベータの「NEC ガイド予約支援サービス」、 決済サービスはSMBC GMO PAYMENTの「SMBCマルチペイメントサービス」 をそれぞれ使用する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。