官民連携の国際クルーズ拠点に下関港・那覇港を追加、国交省が指定、岸壁の優先的な使用など

国土交通省は2019年4月22日、国際旅客船拠点形成港湾として新たに下関港、那覇港を追加した。クルーズ船の受入環境整備のため、旅客ターミナルビルなどに投資を行うクルーズ船社に岸壁の優先的な使用などを認める制度の一環。官民連携拠点として、国土交通大臣が指定する。これまで横浜港、清水港、佐世保港、八代港、本部港、平良港、鹿児島港を指定しており、合計で9港となる。

船社は下関港がMSCクルーズ、那覇港がロイヤル・カリビアン・クルーズ、MSCクルーズとなっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。