検索タグ "新規路線"

アメリカン航空、米国発のドゥブロヴニク線とボローニャ線を初就航、今夏は新たな25路線を運航

アメリカン航空、米国発のドゥブロヴニク線とボローニャ線を初就航、今夏は新たな25路線を運航

アメリカン航空(は2019年6月6~15日の夏ダイヤで25路線を新たに運航。このうち、フィラデルフィア国際空港からクロアチアのドゥブロヴニク、イタリアのボローニャへは米国から初の路線。
タイ国際航空、仙台/バンコク線を復活へ、インバウンド需要への期待で今冬に週3便で

タイ国際航空、仙台/バンコク線を復活へ、インバウンド需要への期待で今冬に週3便で

TGが2019年10月30日から、仙台/バンコク線を復活。2013年12月に就航した同路線を2014年3月に運休していたが、インバウンド需要が期待でき、地元の誘致も積極化していたことなどから再就航を決定。
米運輸省、羽田空港の増枠分で路線決定、ロサンゼルスとホノルルは2便ずつ、ラスベガスは対象外に

米運輸省、羽田空港の増枠分で路線決定、ロサンゼルスとホノルルは2便ずつ、ラスベガスは対象外に

米運輸省(DOT)は2020年夏の路線開設に向けて調整が進む羽田国際線の昼間発着枠で米国航空4社による12路線を決定。日米当局間の正式合意に向けて、日本側に提案する。
ネパール航空、12年ぶりに関空に就航、カトマンズ直行便を運航へ

ネパール航空、12年ぶりに関空に就航、カトマンズ直行便を運航へ

ネパール航空が関空/カトマンズ線を復活。今夏に日本とネパールを結ぶ直行便が就航へ。
ハワイアン航空、福岡/ホノルル路線の直行便を復活へ、2019年11月にも運航開始

ハワイアン航空、福岡/ホノルル路線の直行便を復活へ、2019年11月にも運航開始

ハワイアン航空が、福岡/ホノルル路線の新規就航計画を発表した。関係当局の承認を条件に、早ければ2019年11月に運航開始となる見通し。
春秋航空日本、成田/寧波線に新規就航、着陸料が3年無料になる「朝発ボーナス」の国際線第1号で

春秋航空日本、成田/寧波線に新規就航、着陸料が3年無料になる「朝発ボーナス」の国際線第1号で

Spring Japan(IJ)が2019年4月25日から、成田/寧波線に週4便で新規就航。これにより、IJの路線ネットワークは武漢、重慶、天津、ハルビンに加え、5都市となる。
デルタ航空、関西/シアトル線を就航、機内食は全座席でミシュラン2つ星の和食を提供

デルタ航空、関西/シアトル線を就航、機内食は全座席でミシュラン2つ星の和食を提供

デルタ航空が関西/シアトル線の運航を開始。B767の全225席を毎日提供へ。
LCCセブ・パシフィック航空、成田/クラーク線を開設、フィリピン経済特区へ初の直行便

LCCセブ・パシフィック航空、成田/クラーク線を開設、フィリピン経済特区へ初の直行便

LCCセブ・パシフィック航空が新たな日本路線を就航。フィリピンの経済特区クラークへの路線強化で、新たなハブ機能を強化。
関空発着のロンドン線が再開、ブリティッシュ・エアウェイズが21年ぶりに、JALとの共同運航も

関空発着のロンドン線が再開、ブリティッシュ・エアウェイズが21年ぶりに、JALとの共同運航も

ブリティッシュ・エアウェイズが21年ぶりに関西空港に就航。週4便で、関空/ロンドン間の唯一の直行便に。
LCCフィリピン・エアアジアが日本就航へ、7月から関空/マニラ線で、訪日では京都・奈良などのゲートに

LCCフィリピン・エアアジアが日本就航へ、7月から関空/マニラ線で、訪日では京都・奈良などのゲートに

LCCのフィリピンエアアジアが日本路線を開設。経営許可取得で7月1日から関空/マニラ線に就航。
LCCジェットスター、関空からも宮古島・下地島に就航へ、7月3日から

LCCジェットスター、関空からも宮古島・下地島に就航へ、7月3日から

ジェットスター・ジャパンが2019年7月3日より、関西/下地島路線を定期運航。成田に次ぐ2路線目の定期便となる。
3月開業の宮古島・下地島空港に国際定期便、香港線で、香港エクスプレスが週3便運航へ

3月開業の宮古島・下地島空港に国際定期便、香港線で、香港エクスプレスが週3便運航へ

2019年3月30日に開業予定の「みやこ下地島空港ターミナル」で、香港拠点の航空会社香港エクスプレスの運航が決定。7月19日から香港/下地島路線を週3便運航。
マレーシア拠点「マリンド・エア」が日本乗り入れ、台北経由のクアラルンプール/新千歳線で、週3便で3月23日から

マレーシア拠点「マリンド・エア」が日本乗り入れ、台北経由のクアラルンプール/新千歳線で、週3便で3月23日から

国交省はマレーシアのマリンド・エア(OD)に対し、外国人国際航空運送事業の経営許可。3月23日からクアラルンプール/台北/新札幌線を週3便で運航。
ANA、2019年度の路線計画を発表、インドのチェンナイ線など新規就航、国内線は羽田/沖縄など増便へ

ANA、2019年度の路線計画を発表、インドのチェンナイ線など新規就航、国内線は羽田/沖縄など増便へ

全日空(ANA)が2019年度の航空輸送事業計画を発表。国際線では、成田/パース線と成田/チェンナイ線を新規開設予定。
JAL、2019年度の増便・減便など発表、国際線は成田/モスクワ路線の増便など

JAL、2019年度の増便・減便など発表、国際線は成田/モスクワ路線の増便など

日本航空(JAL)グループが2019年度の路線便数計画を発表。国際線は成田/モスクワ線、国内線は羽田/新千歳線の増便など。
JAL、成田/インド・バンガロール線に新規就航へ、世界的企業拠点でビジネス需要を狙う

JAL、成田/インド・バンガロール線に新規就航へ、世界的企業拠点でビジネス需要を狙う

JALは、2020年度夏期ダイヤまでに成田/インド・バンガロール線をデイリー運航で新規開設すると発表。インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールへのビジネス需要を狙う。
フィンエアー、札幌/ヘルシンキ線を新設、インバウンド需要対応で2019年12月から

フィンエアー、札幌/ヘルシンキ線を新設、インバウンド需要対応で2019年12月から

フィンエアーが2019年冬期に週2便で札幌/ヘルシンキ線を開設。日本5都市目で最大の欧州系エアラインに。冬のインバウンド需要に対応。
ANA、オーストラリアに新路線就航へ、成田/パース線を2019年9月から

ANA、オーストラリアに新路線就航へ、成田/パース線を2019年9月から

全日空(ANA)は2019年9月1日より、成田/パース路線を新たに就航する。西オーストラリア州の首都・パースと東京を結ぶ路線の運航は8年ぶり。
エアアジア・ジャパン、中部/台北路線を新規就航、2019年2月から

エアアジア・ジャパン、中部/台北路線を新規就航、2019年2月から

エアアジア・ジャパンが2019年2月1日より、中部/台北(桃園)路線を就航。就航記念として、座席数限定で片道390円の特別運賃を用意。