JAL、搭乗案内サービスにLINE活用、チャット機能で予約内容、手荷物など確認

日本航空(JAL)は2020年11月18日から、LINEを活用した双方向コミュニケーションによる搭乗案内サービス「AIRPORT GUIDE」のトライアルを開始した。LINEの簡易的なチャット機能を使って事前に乗客の予約内容や手荷物状況を確認することで、タイムリーで一人ひとりに沿った搭乗案内を目指す。

対象は羽田空港国内線。空港到着前までにLINEの専用アカウントから搭乗便に関する情報を入力してもらうことで、事前に搭乗方法を案内する。実際の予約情報、運航状況とはシステム連携していないため、登録が必要となる。トライアル期間は12月30日まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。