検索タグ "エミレーツ航空"

エミレーツ航空、機内エンタメに次世代システム導入、モニターは業界最大に

エミレーツ航空、機内エンタメに次世代システム導入、モニターは業界最大に

エミレーツ航空は、新規受領するA380型機とB777-300ER型機に次世代の機内エンターテイメントシステムを導入。個人モニターの大きさが各クラスとも業界最大に。
エミレーツ航空がモバイルサイト公開、予約確認など4機能を中心に提供

エミレーツ航空がモバイルサイト公開、予約確認など4機能を中心に提供

エミレーツ航空(EK)がこのほど、スマートフォンやタブレット向けの日本語サイトを公開。「フライト予約」「フライト状況」「オンライン・チェックイン」「予約管理」の4機能を中心に提供。
【動画】エミレーツ航空がPR映像を公開、ドバイ在住の日本人が現地の魅力アピール

【動画】エミレーツ航空がPR映像を公開、ドバイ在住の日本人が現地の魅力アピール

エミレーツ航空(EK)は、ドバイへの誘客を目的としたプロモーション動画「ドバイに暮らす日本人が語るドバイの魅力」を公開。ビジネスと観光両側面の魅力を現地から日本人に向けて紹介。
17時間35分の世界最長フライトが登場、エミレーツ航空がドバイ/パナマ線の直行便就航へ

17時間35分の世界最長フライトが登場、エミレーツ航空がドバイ/パナマ線の直行便就航へ

エミレーツ航空は2016年2月1日、ドバイ/パナマ線を開設。フライト時間は17時間35分、直行便で世界最長のフライトになる。
1枚の航空券で北米・南米にフライトできる「アメリカス・パス」、エミレーツ航空が1区間99ドルで販売開始

1枚の航空券で北米・南米にフライトできる「アメリカス・パス」、エミレーツ航空が1区間99ドルで販売開始

エミレーツ航空(EK)は、新たに「アメリカス・パス」のサービスを始めた。米国、カナダ、ラテンアメリカ各国のEK未就航都市でもパートナーエアラインを利用し1枚の航空券でアクセス可能に。
エミレーツ航空、成田空港に日本初の専用ラウンジをオープン、広さ約940平方メートル

エミレーツ航空、成田空港に日本初の専用ラウンジをオープン、広さ約940平方メートル

エミレーツ航空は成田空港に日本初の専用ラウンジをオープン。アースカラーがデザインで、174席すべてレザーシートを設置。レジャーとビジネスの目的の利用者に必要な設備を充実させた。
エミレーツ航空、Apple Watch用アプリを開発、旅程確認やゲート変更などリアルタイム表示

エミレーツ航空、Apple Watch用アプリを開発、旅程確認やゲート変更などリアルタイム表示

エミレーツ航空(EK)は、中東・アフリカ地域の航空会社としては初めてApple Watch向けエミレーツ・アプリを開発した。このアプリは2015年4月24日のApple Wach 発売後から使用が可能となる。
エミレーツ航空、成田に日本初の専用ラウンジをオープンへ、投資額400万米ドル超

エミレーツ航空、成田に日本初の専用ラウンジをオープンへ、投資額400万米ドル超

エミレーツ航空(EK)は成田国際空港第2ターミナルに、日本で初の専用ラウンジを開設。2015年4月~6月中にオープンする予定。400万米ドル超を投資し、ファシリティや機能、サービスを整える。
ドバイの航空産業がもたらす経済効果は267億米ドル、観光産業では102億米ドルに ーエミレーツ航空

ドバイの航空産業がもたらす経済効果は267億米ドル、観光産業では102億米ドルに ーエミレーツ航空

オックスフォード・エコノミクスが実施したドバイの航空関連産業の経済効果を検証した調査結果によると、エミレーツ航空やドバイ空港をはじめとする航空関連産業がドバイにもたらした経済効果は2013年に267億米ドルにのぼる。
航空とホテルの会員プログラムを相互利用できる新サービス、エミレーツ航空とスターウッドホテルが提携

航空とホテルの会員プログラムを相互利用できる新サービス、エミレーツ航空とスターウッドホテルが提携

エミレーツ航空(EK)とスターウッドホテルリゾートワールドワイドは、両社が提供するロイヤリティプログラムを組み合わせた「ユア・ワールド・リワーズ」を開始。航空とホテル双方の特典利用が可能に。
エミレーツ航空、機内Wi-Fi接続を将来的に完全無料化、利用者は3年間で50万人超の予測

エミレーツ航空、機内Wi-Fi接続を将来的に完全無料化、利用者は3年間で50万人超の予測

エミレーツ航空は自社の機内Wi-Fiサービスの利用状況を公開。2014年10月時点で1日平均3500人名が利用、3年間で50万人に拡大見込み。将来的には完全無料化への施策を進める。
エミレーツ航空、日本支社長にニック・リース氏が就任 【人事】

エミレーツ航空、日本支社長にニック・リース氏が就任 【人事】

エミレーツ航空(EK)は、日本支社長としてニック・リース氏の就任を発表した。ドバイ本社のコマーシャル・アナリシス・マネージャーやコマーシャル・オペレーションズ・東アジア・オーストラレーシア地域担当マネージャーを歴任した人物。
エミレーツ航空、ポルトガルのサッカークラブ「ベンフィカ」のスポンサーに

エミレーツ航空、ポルトガルのサッカークラブ「ベンフィカ」のスポンサーに

エミレーツ航空(EK)はポルトガルのサッカークラブ「スポルト・リスボン・エ・ベンフィカ」と3年間のスポンサー契約を締結。ホームスタジアム内でのエミレーツブランドの展開、興行権や広告展開、選手の起用などの権利を取得。
エミレーツ航空、機内エンターテインメントに視覚障がい者用の映画解説、ディズニー映画などで

エミレーツ航空、機内エンターテインメントに視覚障がい者用の映画解説、ディズニー映画などで

エミレーツ航空(EK)は、機内で上映する映画に視覚障害者向けの解説放送を導入。通常のペースで流れるセリフの合間に、シーンの様子を説明するナレーションが流れる。ディズニー映画の16作品で対応した。
エミレーツ航空、ドバイ/ヨハネスブルグ線を1日4便に増便、日本からの乗り継ぎも向上

エミレーツ航空、ドバイ/ヨハネスブルグ線を1日4便に増便、日本からの乗り継ぎも向上

エミレーツ航空(EK)は、毎日3便体制で運航中のドバイ/ヨハネスブルグ線を10月26日から毎日4便に増便する。
エミレーツ航空が50機目のA380受領、今年末までに就航都市は33都市に

エミレーツ航空が50機目のA380受領、今年末までに就航都市は33都市に

エミレーツ航空(EK)は、同航空50機目となるA380を受領した。EKは世界最大のA380運航航空会社で、現在は5大陸27空港に就航している。2014年末までには33都市に増える見込み。
エミレーツ航空、ドバイ/ブリュッセル線を開設、欧州路線拡大

エミレーツ航空、ドバイ/ブリュッセル線を開設、欧州路線拡大

エミレーツ航空(EK)は2014年9月15日、ドバイ/ブリュッセル線を1日1便で開設。B777型機で3クラス制で運航し、ブリュッセルと中東・アジアを結ぶ路線では、唯一Fクラスを提供。
エミレーツ航空、ドバイ空港の改修で減便、全就航地への運航は継続

エミレーツ航空、ドバイ空港の改修で減便、全就航地への運航は継続

エミレーツ航空(EK)はドバイ国際空港の滑走路改修工事にともない、一部路線で減便やスケジュールを変更。ただし、すべての就航地に運航することを発表した。期間は5月1日~7月20日の80日間。
エミレーツ航空、A380型機のフライト体験ができるシミュレーター運用開始

エミレーツ航空、A380型機のフライト体験ができるシミュレーター運用開始

エミレーツ航空は、中東で初となるエミレーツA380型機のフライト・シミュレーター・アトラクション「エミレーツA380エクスペリエンス」をオープン。世界最大級のショッピングモールとして知られるドバイ・モール内に設置した。
エミレーツ、iPad専用アプリを公開、iPhone、Android向けにも開発中

エミレーツ、iPad専用アプリを公開、iPhone、Android向けにも開発中

エミレーツ航空(EK)は、App StoreのアプリケーションダウンロードサービスでiPad専用のエミレーツ・アプリを公開した。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…