検索タグ "リクルート"

日本人の海外旅行の目的トップは「リラックス」、米国人は「冒険心」、「世界遺産」は中国などでトップ10圏外に ―じゃらん調査

日本人の海外旅行の目的トップは「リラックス」、米国人は「冒険心」、「世界遺産」は中国などでトップ10圏外に ―じゃらん調査

じゃらんリサーチセンターが調査した「海外旅行における日本と外国人の目的の違い」によると、日本人が海外旅行をする目的の上位は「リラックスしたい」(12.3%)が最多。アメリカ人は「冒険心を満たしたい」(10.8%)が1に。
じゃらん、消費増税後の半年間は5%ポイント還元へ、リクルートの決済サービスが経産省「キャッシュレス促進事業」に登録

じゃらん、消費増税後の半年間は5%ポイント還元へ、リクルートの決済サービスが経産省「キャッシュレス促進事業」に登録

リクルート運営の決済サービス「リクルートかんたん支払」が、経産省のキャッシュレス・消費税還元事業で「キャッシュレス発行事業者」への仮登録を完了。じゃらんnetなどでポイント還元へ。
じゃらん、GWの宿泊予約の予約動向を発表、ピークは分散化で人泊数が昨年より3~5倍の日付も

じゃらん、GWの宿泊予約の予約動向を発表、ピークは分散化で人泊数が昨年より3~5倍の日付も

ゴールデンウィークの国内旅行はピークが変わらない分散化傾向。リクルートのじゃらんnetが予約状況と旅行動向を発表。
リクルート決算、「じゃらん」など旅行分野の売上は4.6%増、宿泊単価の上昇が寄与 - 2019年第3四半期

リクルート決算、「じゃらん」など旅行分野の売上は4.6%増、宿泊単価の上昇が寄与 - 2019年第3四半期

「じゃらん」など、リクルートの旅行事業の売上は4.6%増。延べ宿泊者数と宿泊単価の増加で。
【年頭挨拶】リクルートライフスタイル執行役員 宮本賢一郎氏 ―「じゃらん」で新販促プログラム、旅行体験の満足度向上へ

【年頭挨拶】リクルートライフスタイル執行役員 宮本賢一郎氏 ―「じゃらん」で新販促プログラム、旅行体験の満足度向上へ

リクルートライフスタイル旅行領域担当執行役員の宮本賢一郎氏は2019年の展開として、新たな販促プログラムの構想に言及。タビマエからタビアトまでを網羅する旅行体験の満足度向上に努める考えを示した。
もう一度行ってみたい温泉地ランキング、全国1位は13年連続「箱根温泉」、満足度1位は「奥飛騨温泉郷」

もう一度行ってみたい温泉地ランキング、全国1位は13年連続「箱根温泉」、満足度1位は「奥飛騨温泉郷」

じゃらんnet会員のアンケートによる「全国人気温泉地ランキング」が発表。「箱根温泉」の強さが顕著に。
リクルート「じゃらん」、ダイナミックパッケージは直近5年で3倍に、国内予約は2%増8731億円、優良顧客へのポイント付与は5%

リクルート「じゃらん」、ダイナミックパッケージは直近5年で3倍に、国内予約は2%増8731億円、優良顧客へのポイント付与は5%

リクルートライフスタイルが宿泊施設向けの「じゃらんフォーラム2018(東京会場)」を開催。今年、宿泊施設に対して打ち出している3つの新施策や業況を説明。
20~22歳は福島県のゲレンデリフトが無料に、22か所で平日に何回でも、若年層の需要喚起策で

20~22歳は福島県のゲレンデリフトが無料に、22か所で平日に何回でも、若年層の需要喚起策で

20~22歳の若者は、福島県内ゲレンデの平日リフト券が期間中何回でも無料に。リクルートと福島県が連携で今年も「雪マジ!ふくしま」を実施。
じゃらん、宿泊施設向けに3つの新施策、当日キャンセルの補償からシステム利用料の「税込み」改定まで責任者に聞いてきた

じゃらん、宿泊施設向けに3つの新施策、当日キャンセルの補償からシステム利用料の「税込み」改定まで責任者に聞いてきた

リクルートライフスタイルが2019年度からの新しい施策を発表した。宿泊施設に対する利用料を税抜から税込に変更する一方で、ノーショーの無料補償、雇用サポートなどを導入し、国内旅行活性化に向けて連携を強化する。
宿泊施設の声から生まれた「トリップAIコンシェルジュ」、リクルートが提供する業務改善サービスの特徴と効果とは?(PR)

宿泊施設の声から生まれた「トリップAIコンシェルジュ」、リクルートが提供する業務改善サービスの特徴と効果とは?(PR)

AI(人工知能)が宿泊客の問い合わせに自動回答。宿泊施設が望む、テクノロジー活用とホスピタリティの深化とは?
リクルート、若者の温泉体験を無料にする「お湯マジ!」、4年目は全国130施設で開催

リクルート、若者の温泉体験を無料にする「お湯マジ!」、4年目は全国130施設で開催

リクルートが19歳~21歳の温泉利用を無料にする「お湯マジ!」を開催。若者に温泉利用の促進と魅力を訴求し、需要喚起へ。
じゃらん宿泊旅行調査2018、宿泊旅行の実施率が改善、費用総額は6.3%増、ひとり旅の人気も根強く

じゃらん宿泊旅行調査2018、宿泊旅行の実施率が改善、費用総額は6.3%増、ひとり旅の人気も根強く

2017年度の旅行実施率が改善し、旅行費用は増加傾向。旅行手配では個人手配が遂に9割に。リクルートの「じゃらん宿泊旅行調査2018」より。
岡山県、豪雨による観光客減少で需要喚起の宿泊クーポン発行へ、観光損失が約24億円に

岡山県、豪雨による観光客減少で需要喚起の宿泊クーポン発行へ、観光損失が約24億円に

豪雨災害にあった岡山県が独自の宿泊クーポンを発行。直接的な影響のない倉敷や後楽園などにもキャンセルが発生している現状に、国の施策に先立って夏期の需要を取り込む。
都道府県の魅力度ランキング2018、沖縄県の1位が5部門に拡大、食は石川県が1位に返り咲き -じゃらん調査

都道府県の魅力度ランキング2018、沖縄県の1位が5部門に拡大、食は石川県が1位に返り咲き -じゃらん調査

テーマ別の「都道府県魅力度ランキング2018」で沖縄県が5部門で1位に。コンテンツのバラエティが評価。リクルートの「じゃらん宿泊旅行調査2018」より。
オンライン旅行の転換期を突破するカギは? 「WIT Japan 2018」で語られた「次の成長」から「未来の旅行」まで取材した

オンライン旅行の転換期を突破するカギは? 「WIT Japan 2018」で語られた「次の成長」から「未来の旅行」まで取材した

WIT Japan 2018のメインカンファレンスが、6月29日に開催。テクノロジーが広げるオンライン旅行の多彩なプレイヤー82人がスピーカーとして登壇。
じゃらん予約実績2018、夏の人気旅行先は今年も「北海道」、宿泊予算は「5万円以上」が3割で最多

じゃらん予約実績2018、夏の人気旅行先は今年も「北海道」、宿泊予算は「5万円以上」が3割で最多

リクルートライフスタイルが「じゃらんnet」宿泊予約状況を元にした2018年夏期(7月14日~8月31日)の国内旅行動向を発表。人気旅行先は今年もトップが北海道、2位沖縄。
日本人の海外旅行で満足度トップは「スペイン」、今年行きたい旅先1位は「イタリア」 -リクルート海外旅行調査2018

日本人の海外旅行で満足度トップは「スペイン」、今年行きたい旅先1位は「イタリア」 -リクルート海外旅行調査2018

リクルートライフスタイル「エイビーロード・リサーチ・センター」によると、海外旅行先の人気1位は4年連続で「台湾」。満足度はスペイン、西ヨーロッパ諸国、カナダの順。
アマゾンの新スマートスピーカーで「旅行の新体験」が続々、「画像+音声」でホテル・飲食店の情報検索など、JTBやANAらがサービス開始

アマゾンの新スマートスピーカーで「旅行の新体験」が続々、「画像+音声」でホテル・飲食店の情報検索など、JTBやANAらがサービス開始

アマゾンの新商品・画面付きスマートスピーカー「Amazon Echo」向けの各種スキルが発表。旅行関連ではJTBが画像付きの宿泊・レジャー施設検索を提供。
リクルート、若者需要創造で次は「海マジ!」展開へ、19歳・20歳なら海アクティビティが無料に

リクルート、若者需要創造で次は「海マジ!」展開へ、19歳・20歳なら海アクティビティが無料に

「じゃらんリサーチセンター」が マリンアクティビティ市場の活性化を目的に若年層需要創出プロジェクト『海マジ!~MARINE MAGIC~』を2018年5月から開始。マリンアクテイヒディの活性化と将来リピーターの形成を目指す。
リクルート決算、「じゃらん」など旅行分野の売上収益は微増、飲食は減収に ー2018年3月期第3四半期

リクルート決算、「じゃらん」など旅行分野の売上収益は微増、飲食は減収に ー2018年3月期第3四半期

リクルートホールディングスの2018年3月期第3四半期決算によると、売上収益は前年比13.6%増と増収。旅行は同0.6%増にとどまり、飲食は同1.1%減の減収に。好調な業績を受け、通期予測は上方修正した。