検索タグ "モビリティ"

国交省、日本版MaaSのモデル事業を開始、第一弾の全国15事業を決定

国交省、日本版MaaSのモデル事業を開始、第一弾の全国15事業を決定

国土交通省が、日本版MaaS(Mobility as a Service)の実現に向けたモデル事業の実証実験を開始。第一弾として15事業に対して交付をおこなった。
楽天・三木谷会長、5Gでライドシェア実現に意欲、米大手リフト(Lyft)社長と語った「移動サービスの未来」

楽天・三木谷会長、5Gでライドシェア実現に意欲、米大手リフト(Lyft)社長と語った「移動サービスの未来」

楽天・三木谷会長と米ライドシェアのリフト・ジマー社長が、楽天のビジネスイベントで対談。リフト起業の背景からライドシェアがもたらすメリット、将来展望を語った。
東京メトロとNTT、都内モビリティ向上などで連携へ、両社の技術やデータを活用

東京メトロとNTT、都内モビリティ向上などで連携へ、両社の技術やデータを活用

東京地下鉄(東京メトロ)とNTTが東京の魅力創生や移動の円滑性向上などをテーマに協業。モビリティの向上やインフラの安全・安定などを推進し、観光の魅力にもつなげる。
ナビタイム、トヨタ自動車とマルチモーダルルートを共同開発、トヨタ「my route」に乗り換えに適した車両まで表示

ナビタイム、トヨタ自動車とマルチモーダルルートを共同開発、トヨタ「my route」に乗り換えに適した車両まで表示

ナビタイムジャパンがトヨタ自動車と共同で、さまざまな移動手段を組み合わせたうえで乗り換えに適した車両なども表示し、よりスムースな移動を促すマルチモーダルルートを開発する。
ウィラー、「観光MaaS」でアプリ公開、観光移動の経由地指定やアクティビティ滞在時間の設定も可能に

ウィラー、「観光MaaS」でアプリ公開、観光移動の経由地指定やアクティビティ滞在時間の設定も可能に

ウィラーが観光MaaSのアプリをリリース。移動とタビナカ観光を1つのアプリで検索から予約、決済まで可能に。
ナビタイム大西社長が語った「MaaSの未来」、そのメリットはオーバーツーリズム対策にも

ナビタイム大西社長が語った「MaaSの未来」、そのメリットはオーバーツーリズム対策にも

先ごろ開催された「KDDI 5G SUMMIT 2019」で、MaaSを積極的に推進するナビタイムジャパンの大西啓介社長が5Gサービスの展開で拡大するMaaSの世界を講演。そのメリットや社会実装に向けた取り組みを紹介した。
トヨタモビリティサービス、レンタサイクル参入、東京都内でラストワンマイル支える

トヨタモビリティサービス、レンタサイクル参入、東京都内でラストワンマイル支える

トヨタモビリティサービスはこのほど、レンタサイクルサービス「ちかチャリ」を東京都内で開始。訪日外国人を含む観光客からビジネスマンまで、幅広い利用を見込む。
国交省、日本版MaaSで先行モデル事業を選定、「観光型」など19事業

国交省、日本版MaaSで先行モデル事業を選定、「観光型」など19事業

MaaSの実証実験を支援する先行モデル地域が発表。神奈川県川崎市と箱根町や静岡県伊豆エリアなど、公募51事業の中から19事業を選定。
都市型の「移動支援アプリ」はOTAの進化系になるのか? 米国市場の動向を分析して未来を考えた【外電】

都市型の「移動支援アプリ」はOTAの進化系になるのか? 米国市場の動向を分析して未来を考えた【外電】

ウーバーをはじめ多数存在する移動支援アプリ。既存サービスや新サービスMaasの台頭は、今後OTAにどのような影響を与えるのか? 米モビリティアプリ「モジオ」の創業者が分析した。
経産省・日本ベンチャー大賞でモビリティ&MaaSの「WHILL」が審査員特別賞、観光地での利用実績も

経産省・日本ベンチャー大賞でモビリティ&MaaSの「WHILL」が審査員特別賞、観光地での利用実績も

第5回「日本ベンチャー大賞」が発表。ラストワンマイルを繋ぐ新モビリティ&MasSを目指すWHILL社が審査員特別賞に。
移動の変革で新たなライフスタイル創出へ、京急がベンチャー企業と新規事業創出へ、スタートアップ5社を採択

移動の変革で新たなライフスタイル創出へ、京急がベンチャー企業と新規事業創出へ、スタートアップ5社を採択

京急がサムライインキュベートと連携し、京急アクセラレータープログラム第2期採択企業を発表。移動、くらし・働き方、買い物、観光・レジャー、テクノロジー活用で5社を採択。
国交省、MaaSなど実証実験に最大5000万円補助、観光・商業・医療など地域連携を促進へ

国交省、MaaSなど実証実験に最大5000万円補助、観光・商業・医療など地域連携を促進へ

国土交通省がMaaSなど新たなモビリティサービスの地域モデル構築に乗り出す。地域の交通課題解決に向けた事業を公募。5000万円をめどに補助。まちづくり・インフラ整備も支援する。