検索タグ "JR東海"

JR東海、大学発の旅行計画作成ツールを採用、地図を見ながら旅程を作成

JR東海、大学発の旅行計画作成ツールを採用、地図を見ながら旅程を作成

JR東海の観光キャンペーンサイト「Japan Highlights Travel」で、首都大学東京と東京大学の研究室が共同開発した旅行プラン作成ツール「CT-Planner」を採用。プランのタタキ台作成や条件に沿った調整が可能。
【動画】 JR東海、春の東京行き「新幹線+ホテル」プランでテレビCM、カンタン・お得をアピール

【動画】 JR東海、春の東京行き「新幹線+ホテル」プランでテレビCM、カンタン・お得をアピール

JR東海が、関西・東海から東京への旅行商品販売サイト「トーキョーブックマーク」の新規CM放映を開始。CM3本を通じて、カンタン・お得に行ける春の東京旅行商品を周知する。
東海道・山陽新幹線で新チケットレス乗車が可能に、改札タッチで本人認証、2017年夏から

東海道・山陽新幹線で新チケットレス乗車が可能に、改札タッチで本人認証、2017年夏から

JR東海とJR西日本は2017年(平成29年)夏より、東海道・山陽新幹線で利用できる新たなチケットレスサービスを導入する。チケットを事前にネット購入後、全国相互利用対象の交通系ICカードで新幹線に乗車可能とするもの。
徳川家康公の没後400年の旅行商品、交付金活用の「1泊3000円割引」適用で -JR東海と静岡県

徳川家康公の没後400年の旅行商品、交付金活用の「1泊3000円割引」適用で -JR東海と静岡県

JR東海と静岡県は、徳川家康公の没後400年記念の共同企画商品を販売。政府交付金活用で「1泊3000円割引」を適用。近畿日本ツーリスト、名鉄観光、読売旅行、JR東海ツアーズなどで販売。
JR、外国人旅行者向け周遊きっぷ発売、白川郷や北陸など観光地広域を網羅

JR、外国人旅行者向け周遊きっぷ発売、白川郷や北陸など観光地広域を網羅

JR東海とJR西日本は、訪日外国人旅行者向けの周遊きっぷ発売。大阪や名古屋を拠点に、飛騨高山・白川郷・北陸および伊勢・鳥羽・熊野を対象にした2種類。2015年6月から海外の指定旅行会社で。
名古屋・高島屋とJTBが連携、訪日旅行者向けサイト「JAPANiCAN.com」でショッピング情報を提供へ

名古屋・高島屋とJTBが連携、訪日旅行者向けサイト「JAPANiCAN.com」でショッピング情報を提供へ

JTBは、2015年5月8日から訪日旅行専門のオンライン予約サービスでJR名古屋高島屋のショッピング関連情報を提供。百貨店との初の連携となる。
街中広告からスマホアプリにクーポンを配信、JR名古屋駅でO2O2O実験 ―凸版印刷とJR東海

街中広告からスマホアプリにクーポンを配信、JR名古屋駅でO2O2O実験 ―凸版印刷とJR東海

凸版印刷は、2014年11月11日から17日の間、JR名古屋駅・中央コンコースに設けられたデジタルサイネージと通行客が所持するスマホアプリを連動、サークルKサンクスの無料クーポンをプッシュする実証実験を行う。
東海道・山陽新幹線の全路線で利用可能な訪日外国人向け「ツーリストパス」発行 -JR東海とJR西日本

東海道・山陽新幹線の全路線で利用可能な訪日外国人向け「ツーリストパス」発行 -JR東海とJR西日本

JR東海とJR西日本は、東海道新幹線の開業50周年にあわせ、訪日旅行者向けの「ツーリストパス」を発行。対象は東海道・山陽新幹線の全路線で、沿線の観光施設や交通機関でも利用可能。
JRグループ、今年も「フルムーン夫婦グリーンパス」販売、 夫婦88歳以上で5日間7万7800円から

JRグループ、今年も「フルムーン夫婦グリーンパス」販売、 夫婦88歳以上で5日間7万7800円から

JRグループは2014年9月1日から、2人の年齢が合わせて88歳以上の夫婦を対象に「フルムーン夫婦グリーンパス」を販売。鉄道ならではのゆったりした旅を楽しめるように設定。一部の列車を除くが、グリーン車を利用できる。
JR東海、秋の紅葉シーズンに臨時列車を過去最多2万1820本に、在来線は臨時特急など246本

JR東海、秋の紅葉シーズンに臨時列車を過去最多2万1820本に、在来線は臨時特急など246本

JR東海は、秋の期間中(2014年10月1日〜11月30日)の臨時列車を運転、紅葉の見ごろを迎える京都・奈良方面をはじめ、信州など沿線観光地やイベント客の増加を見込み、秋では過去最多の2万1820本の運行を予定する。
JR4社、国際高速鉄道協会を設立 -東海道新幹線開業50周年で

JR4社、国際高速鉄道協会を設立 -東海道新幹線開業50周年で

JR東日本とJR東海、JR西日本、JR九州の4社は、2014年の東海道新幹線開業50周年にあわせ、「国際高速鉄道協会」を設立。日本型高速システムを国際的標準とすべく取組み、高速鉄道の発展に寄与することを目指す。
JR東海、冬休み期間に子ども連れ専用「ファミリー車両」を運行

JR東海、冬休み期間に子ども連れ専用「ファミリー車両」を運行

JR東海、東海道新幹線で、冬休み期間に子供連れ専用「ファミリー車両」を発売。
JR東日本、JR東海とも前年実績上回る、ゴールデンウィーク実績2013

JR東日本、JR東海とも前年実績上回る、ゴールデンウィーク実績2013

ゴールデンウィーク期間(4月26日から5月6日)の利用実績によると、JR東日本の新幹線・特急・急行列車の利用者数は前年比2%増の4,219,000人。JR東海の特急列車の利用人数は同2%増の3,431,000人。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…