検索タグ "ルフトハンザ・ドイツ航空"

独・ミュンヘン空港、サテライト施設の拡張で旅客受け入れ態勢を1100万人分増加、2016年4月から

独・ミュンヘン空港、サテライト施設の拡張で旅客受け入れ態勢を1100万人分増加、2016年4月から

独・ミュンヘン空港はターミナル2のサテライト施設を、2016年4月にオープンする。拡張によって旅客受け入れ態勢は1100万人分増加へ。
ルフトハンザ航空、「空飛ぶ集中治療室」をすべての長距離路線に導入、新たにB747-8とA380にも

ルフトハンザ航空、「空飛ぶ集中治療室」をすべての長距離路線に導入、新たにB747-8とA380にも

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、最新の患者輸送コンパートメント(PTC)をB747-8およびA380にも導入。フランクフルトとミュンヘンを発着する発着するすべての長距離路線での利用が可能になった。
航空券に新たな手数料、ルフトハンザ航空が自社以外の予約・発券システム利用で16ユーロ課金へ

航空券に新たな手数料、ルフトハンザ航空が自社以外の予約・発券システム利用で16ユーロ課金へ

ルフトハンザ・グループはルフトハンザ・ドイツ航空など傘下の4航空会社で、全世界において、GDSでの予約に手数料を導入する。従来、運賃に一律で転嫁していたコストを利用者側に求めることに。
ルフトハンザ航空、アップルウォッチ用のアプリ提供、モバイル搭乗券の利用率は50%超

ルフトハンザ航空、アップルウォッチ用のアプリ提供、モバイル搭乗券の利用率は50%超

ルフトハンザ・ドイツ航空はアップルウォッチ用のアプリを提供。出発1日前に、フライト情報を通知し、搭乗ゲートやターミナルなどアップデートは逐次発信。モバイル搭乗券や、目的地の天気情報も提供。
ルフトハンザ航空、長距離路線の約半数に新プレミアムエコノミー導入完了

ルフトハンザ航空、長距離路線の約半数に新プレミアムエコノミー導入完了

ルフトハンザドイツ航空(LH)は、新プレミアム エコノミークラスを計53機・約2000席で設置を完了。長距離路線に使用する機材の約半数。改修作業は2015年秋までに完了させる見通し。
ルフトハンザ航空、日本人客室乗務員20人を新たに採用、日本路線のサービス強化で

ルフトハンザ航空、日本人客室乗務員20人を新たに採用、日本路線のサービス強化で

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、日本人客室乗務員20人を新たに採用した。研修後、現在の日本人客室乗務員およそ300人とともに日本路線乗務する。
ルフトハンザ・グループ、コックピット内の常時2名体制と安全対策の新職を発表

ルフトハンザ・グループ、コックピット内の常時2名体制と安全対策の新職を発表

ルフトハンザ・グループは、航空各社で航空機コックピットで常時2人体制をとることと、グループCEOに直接報告する「グループ・セーフティー・パイロット」導入の2点を発表。各国航空当局との協議のうえ速やかに新たな手順導入へ。
ルフトハンザ航空、ジャーマンウィングス9525便墜落事故で搭乗客の親近者に特別便運航、日本人客向けホットラインも設置

ルフトハンザ航空、ジャーマンウィングス9525便墜落事故で搭乗客の親近者に特別便運航、日本人客向けホットラインも設置

ルフトハンザ・ドイツ航空は4U9525便搭乗客の親族や友人を対象に、マルセイユへの特別便を運航。特別支援センターやホットラインも設置し、親近者が必要とするのケアや支援を提供する意向を発表した。
ルフトハンザ航空、欧州内で新運賃コンセプト導入、国内・欧州域内で持ち込み手荷物だけのチケットも

ルフトハンザ航空、欧州内で新運賃コンセプト導入、国内・欧州域内で持ち込み手荷物だけのチケットも

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は先ごろ、エコノミークラスの新運賃コンセプトを発表。持ち込み手荷物のみの運賃も一部路線で用意し、2015年秋に導入を開始する。
ルフトハンザ航空、長距離路線の機材に最新シート・機内ネット接続を導入

ルフトハンザ航空、長距離路線の機材に最新シート・機内ネット接続を導入

ルフトハンザ・ドイツ航空は2015年第3四半期から、全長距離路線用の機材に最新のキャビンと座席、機内ブロードバンドを導入。欧州初の5つ星エアラインをめざし、ビジネスクラスは乗務員も増員。
ルフトハンザ・ドイツ航空、長距離国際線LCCに子会社「ユーロウィング」で進出

ルフトハンザ・ドイツ航空、長距離国際線LCCに子会社「ユーロウィング」で進出

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)の子会社ユーロウイングは、A330-200型を最大7機リースし、2015年末から新たに国際線で低コスト運航を開始する。まず、A330-200型3機で米フロリダ州、南アフリカ、インド洋などに路線展開する計画。
ルフトハンザドイツ航空、国際線エコノミークラスの手荷物持ち込みを1個から2個へ、超過手荷物料金は1個2万円に

ルフトハンザドイツ航空、国際線エコノミークラスの手荷物持ち込みを1個から2個へ、超過手荷物料金は1個2万円に

ルフトハンザ ドイツ航空(LH)は、2015年1月8日以降に発券される日本路線を含む旅程のエコノミークラス航空券について、無料受託手荷物許容量をこれまでの1個から2個へ変更。1個あたりの超過手荷物料金は2万円となる。
ルフトハンザ、新プレミアムエコノミー搭載のB747-8の運航開始、羽田発便は11月23日から

ルフトハンザ、新プレミアムエコノミー搭載のB747-8の運航開始、羽田発便は11月23日から

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、新しいプレミアムエコノミークラスを搭載した新機材ボーイング747-8の運航を11月22日から開始する。羽田発便は11月23日から。
ルフトハンザ航空、レジャー市場重視で長距離LCCを検討、目指すのは"5つ星エアライン”

ルフトハンザ航空、レジャー市場重視で長距離LCCを検討、目指すのは"5つ星エアライン”

ルフトハンザ航空(LH)のガーナートCEOは、今後レジャー目的の旅客への路線展開やサービスを充実させる方針を明らかに。グループ内でのLCC展開や座席構成をレジャー視点で構成することで成長へ。目指すのは5つ星エアライン。
ルフトハンザ航空、パイロット組合のストライキが数週間で終結する見込み

ルフトハンザ航空、パイロット組合のストライキが数週間で終結する見込み

パイロット組合によるストライキが発生したルフトハンザドイツ航空。来日したガナートCEOは、ストライキの影響は今後数週間で終結する見込みであることを明かした。
ルフトハンザドイツ航空、ストライキで日本路線も欠航便、9月30日のフランクフルト便が対象

ルフトハンザドイツ航空、ストライキで日本路線も欠航便、9月30日のフランクフルト便が対象

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、パイロット組合のストライキで2014年9月30日に長距離路線で一部欠航。対象となるのは、フランクフルト発着の長距離路線。日本路線でも成田・関空・中部で欠航便。
ルフトハンザ航空、ヨーロッパのリーディング・エアラインを受賞、4年連続で7度目

ルフトハンザ航空、ヨーロッパのリーディング・エアラインを受賞、4年連続で7度目

ルフトハンザ ドイツ航空(LH)は、4年連続でワールド・トラベル・アワーズの「ヨーロッパのリーディング・エアライン」に選出された。今回で通算7度目の受賞。
ルフトハンザ航空、観光都市へのネットワーク拡充、ルブリンとマラケシュに新規就航

ルフトハンザ航空、観光都市へのネットワーク拡充、ルブリンとマラケシュに新規就航

ルフトハンザ航空(LH)は7月3日、フランクフルト/ルブリン(ポーランド)線に週2便(木・日)で就航。また、今年10月2日からフランクフルト/マラケシュ線に週2便(木・日)で就航する。
ルフトハンザ、ヨーロッパで高い定時運航率、ミュンヘンは93.3%で1位

ルフトハンザ、ヨーロッパで高い定時運航率、ミュンヘンは93.3%で1位

ルフトハンザグループ(LH)のハブ空港であるフランクフルト、ミュンヘン、ウイーン、チューリッヒの2014年第1四半期の定時運航率(定刻から15分以内の出発)はいずれも前年同期から10ポイント以上改善した。
ルフトハンザ・ドイツ航空、新しいビジネスクラスのシートを体験できるイベント開催

ルフトハンザ・ドイツ航空、新しいビジネスクラスのシートを体験できるイベント開催

ルフトハンザ ドイツ航空は、東京と名古屋で新ビジネスクラスシートを体験できるイベントを開催。新型シートは全長1.98mで、フルフラットベッドになるのが特徴。