検索タグ "エクスペディア"

ホテル滞在で日本人は引きこもり傾向、重視するのは「館内」より「室内」、世界の旅行者との違いが鮮明に

ホテル滞在で日本人は引きこもり傾向、重視するのは「館内」より「室内」、世界の旅行者との違いが鮮明に

エクスペディアの調査で、日本人のホテル選びで世界と異なる傾向が判明。「館内より室内」など。
エクスペディア・グループ、CEOが「ダイバーシティ」推進団体に署名、旅行業界団体も発足へ

エクスペディア・グループ、CEOが「ダイバーシティ」推進団体に署名、旅行業界団体も発足へ

エクスペディア・グループが、職場の機会均等を目指す「ダイバーシティおよびインクルージョン推進」に取り組むことを発表。
宿泊施設の技術投資の意欲は2極化傾向、チェーンホテルは増加、独立系ホテルは改装を優先 -エクスペディア調査

宿泊施設の技術投資の意欲は2極化傾向、チェーンホテルは増加、独立系ホテルは改装を優先 -エクスペディア調査

エクスペディアが宿泊施設の技術投資意向について、調査結果を発表。宿泊施設向けの管理ツールで新機能も提供開始。
エクスペディア・グループ決算、営業利益と純利益が減少で増収減益、民泊事業が好調 -2019年第3四半期

エクスペディア・グループ決算、営業利益と純利益が減少で増収減益、民泊事業が好調 -2019年第3四半期

エクスペディアグループは、2019年第3四半期(2019年7~9月)の決算を発表。バケーションレンタルのヴィーボやTMCのEgenciaが好調で増収となったものの利益は減少。ヴィーボ事業を強化するとともに他社とのパートナーシップも積極展開している。
マリオットとエクスペディアの連携はホテル流通を変えるのか? 格安OTA「アモーマ」の廃業から流通価格の課題を考えた【外電】

マリオットとエクスペディアの連携はホテル流通を変えるのか? 格安OTA「アモーマ」の廃業から流通価格の課題を考えた【外電】

ホテル予約サイト「アモーマ(Amoma)」の営業停止や、マリオットとエクスペディアの新しい提携は何を意味するのか? オンライン宿泊流通業界の最新動向を分析。
エクスペディア、旅行会社専用予約サイト「クマの手」でセミナー開催、申し込みは10月25日まで(PR)

エクスペディア、旅行会社専用予約サイト「クマの手」でセミナー開催、申し込みは10月25日まで(PR)

エクスペディアが2019年10月30日、旅行会社専用予約サイト「クマの手」セミナーを開催。対象は、インバウンド・アウトバウンドオペレーターを含む旅行会社在籍者。
中国が世界2位のオンライン旅行市場に、成長のカギはスマホ予約、2022年には米国に匹敵する市場になる予測【外電】

中国が世界2位のオンライン旅行市場に、成長のカギはスマホ予約、2022年には米国に匹敵する市場になる予測【外電】

フォーカスライトの最新トラベル調査レポートによると、中国のOTA市場規模が米国に次いで世界第2位に拡大。同マーケットのトレンドを分析。
エクスペディア、マリオットホテルのBtoB客室在庫を独占的販売へ、窓口一本化で合意

エクスペディア、マリオットホテルのBtoB客室在庫を独占的販売へ、窓口一本化で合意

エクスペディアは、今年10月15日からマリオットホテルが再流通させるホールセール料金、空室、その他プロダクトを世界の旅行会社に独占的に提供。マリオットは、複雑な再流通システムを簡素化することで、コスト削減や効率的な販売を狙う。
エクスペディア、日本語を皮切りにアジア言語の検索機能を強化、シンガポール企業と共同でAIソリューション開発

エクスペディア、日本語を皮切りにアジア言語の検索機能を強化、シンガポール企業と共同でAIソリューション開発

Expedia Groupがアジア人旅行者向けのオンライン検索機能を強化。アジア言語での旅行検索クエリの理解度や検索結果の精度向上へAIソリューション開発。
出張時に休暇を付け足す「ブレジャー」、日本で知っている人は2割、してみたい理由は「交通費」がトップ

出張時に休暇を付け足す「ブレジャー」、日本で知っている人は2割、してみたい理由は「交通費」がトップ

ブレジャー=出張+休暇の認知度は日本で19%だった。認知度は低いが「やってみたい」が3割、「やっている人は好ましい」も4割に上り、新しい休暇の形として注目される。
日本人が好む航空座席、「通路側」が53%、世界では窓側派が多数、インド人旅客は「隣席の知らない人に話しかける」が6割

日本人が好む航空座席、「通路側」が53%、世界では窓側派が多数、インド人旅客は「隣席の知らない人に話しかける」が6割

日本人は世界一、機内でのコミュニケーションに消極的――。エクスペディア・ジャパンが世界23カ国・地域で航空機内でのコミュニケーションに関する国際比較調査を行ったところ、こんな実態が明らかに。
ホテルの「リゾート利用料」はOTAのコミッション対象か? エクスペディアとブッキングが異なる対応へ【外電】

ホテルの「リゾート利用料」はOTAのコミッション対象か? エクスペディアとブッキングが異なる対応へ【外電】

宿泊料とは別に徴収する「リゾート・フィー(resort fee)」の扱いで大手OTAが動き出した。ブッキングは同料金もコミッション対象とする方針。一方、エクスペディアは検索結果リストの表示順位で差をつける。
一棟貸し民泊「ホームアウェイ」、ホストの民泊免許取得から運営まで一括支援を開始、関連事業者と協業で

一棟貸し民泊「ホームアウェイ」、ホストの民泊免許取得から運営まで一括支援を開始、関連事業者と協業で

ホームアウェイが民泊の許可申請から運営・マーケティングをワンストップ支援するウェブサイトを開設。民泊と不動産関連サービスの2社と協業で。
アマゾンはホテル予約に参入するのか? 実現時にオンライン旅行市場に与える影響を予測した【外電】

アマゾンはホテル予約に参入するのか? 実現時にオンライン旅行市場に与える影響を予測した【外電】

アマゾンによる旅行業参入はありうるのか――。米金融大手モルガン・スタンレーの分析をもとに、既存OTAやグーグルなど、各業界への影響力を考察。
テクノロジー進化で変わるホテル業界の未来とは? エクスペディア日本代表が考察する新たな顧客体験から日々の業務まで【コラム】

テクノロジー進化で変わるホテル業界の未来とは? エクスペディア日本代表が考察する新たな顧客体験から日々の業務まで【コラム】

2019年のホテル業界のトレンドはどうなるのか? エクスペディアホールディングス代表のマイケル・ダイクス氏がテクノロジーの普及を分析しながら、今なすべきことを考察。
エクスペディア・グループ決算、売上増加も最終赤字、予約取扱い泊数の成長維持も伸び率鈍化 ―2019年第1四半期

エクスペディア・グループ決算、売上増加も最終赤字、予約取扱い泊数の成長維持も伸び率鈍化 ―2019年第1四半期

エクスペディア・グループがの2019年第1四半期決算によると、取扱予約高は前年同期比8%増の294億900万米ドル(約3兆2350億円)、売上は同4%増の26億900万ドル。
エクスペディア、一棟貸し民泊事業をブランド変更、「ホームアウェイ」から「Vrbo(ヴァーボ)」に統一へ

エクスペディア、一棟貸し民泊事業をブランド変更、「ホームアウェイ」から「Vrbo(ヴァーボ)」に統一へ

エクスペディア・グループが「ホームアウェイ」の名称で展開してきた一棟貸し宿泊事業のリブランドを発表。バケーションレンタルサービス「Vrbo(ヴァーボ)」に改称・統一する。
自宅近くの宿泊施設に泊まる「ステイケーション」、実際に行ったことがある人は16%、日本では低い知名度

自宅近くの宿泊施設に泊まる「ステイケーション」、実際に行ったことがある人は16%、日本では低い知名度

エクスペディア・ジャパンの調査で「ステイケーション」を知っている人はわずか8%。同社は「まだGW旅行を計画していない人も気軽に過ごせておすすめ」とコメントしている。
米エクスペディアとマリオット、新たな契約で合意、直販政策のカギは譲らず「新しい流通のカタチ」へ

米エクスペディアとマリオット、新たな契約で合意、直販政策のカギは譲らず「新しい流通のカタチ」へ

エクスペディア・グループとマリオットホテルが、新しい流通契約で合意したことが明らかに。エクスペディア傘下のOTAサイトで、マリオット傘下のホテルブランドの予約取扱いを継続する方針。
楽天らオンライン旅行3社に立ち入り、公正取引委員会が独禁法違反の疑い、最安値の拘束条件取引きで

楽天らオンライン旅行3社に立ち入り、公正取引委員会が独禁法違反の疑い、最安値の拘束条件取引きで

公正取引委員会が独禁法違反(第19条第12項)の疑いで、楽天トラベル運営の楽天、ブッキング・ドットコムとエクスペディアの日本法人に立ち入り検査。最安値要求の疑い。